〒242-0021 神奈川県大和市中央1-7-36

TEL:046-261-8110FAX:046-263-3166

弊所の各業務内容について詳細をご説明いたします。

遺言

遺言

遺言とは

遺言とは、財産や身分に関して死後に法的な効力が出るようにのこす言葉のことを言います。遺言書を書くことで、法律で定められた相続人以外の人に財産を残したり、慈善団体に寄付したりなど、自分の財産の引き継ぎ方を自分の意思で決めることができます。相続人間での争いを防止する役目も期待できます。
また、遺言書はそれぞれ種類に応じて書き方のルールが決まっていたり、公証役場等で、手続きが必要になるものもあります。

弊所ではお客様のお話しをお聞きした上で、適切な形式での遺言書の作成のアドバイスをいたします。形式や書き方などについてご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

遺言を残すメリットや遺言が役に立つ場合

● 相続人による話合い(遺産分割協議)をしなくても財産の分け方を決めることができる。
● 子供がいない場合、財産を配偶者(夫、妻)にすべて残したい。
● 自分の財産を内縁の配偶者に残したい。
● 相続人がいない場合、誰かに財産を寄付したい。

など。

上記の例のように、遺言を残すことによって、自分の死後、相続財産の承継について、相続人間でのトラブルの回避や、福祉施設などへ寄付する場合に役立ちます。

遺言の種類

1.自筆証書遺言…内容全文・日付・氏名等を自筆で書いて印鑑を押すことで完成する遺言。作成には特別の手続きを要せず、遺言者が単独で作成することができます。

メリット
①費用がかからない。
②秘密にできる。
③手軽に書ける。

デメリット
①検認手続きが必要(相続発生後)
②変造されたり、破棄されたりするリスクがあり、また紛失の恐れがある。
③書き方に間違いがあった場合や内容に不備があった場合に無効になる恐れがある。

 

2.公正証書遺言…証人2人以上が立ち会い、公証人の面前で遺言者が口述した遺言の内容をもとに公証人が作成する遺言。原本が公証役場に保管されます。

メリット
①法律の専門家である公証人が手続きに関与するため、形式的、内容的な不備で無効になる恐れがない。
②原本が公証役場に保管されるので、変造・隠匿・紛失・破棄のリスクがない
③相続発生後検認の手続きが不要

デメリット
①公証人や証人に対する費用がかかる。
②証人を二人以上用意しなければならない。

 

3.秘密証書遺言…内容を記載した遺言書に遺言者が署名押印し、封筒に入れて封印し、公証人と証人二人以上に提出して、その確認を受けて作成する遺言。

 

以上のように遺言書には種類がございますが、弊所ではお客様のお話しをお聞きした上で、適切な形式での遺言書の作成のアドバイスをいたします。形式や書き方などについてご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。また、公正証書により作成される場合の証人のご用意についても弊所でお手伝いいたしますのでご安心ください。

 

〒242-0021 神奈川県大和市中央1-7-36

TEL:046-261-8110FAX:046-263-3166

ページトップ